もはやゆとりではない

遅寝遅起き晩ごはん系大学生の日常

柿でもわかる!経済学教室-初回ガイダンス-

みなさんこんにちは!

大学が始まって日々是通学に絶望している柿ぴっぴ㌠ (@kakiolite) | Twitter

です!

 

f:id:kakiolite:20160421003231p:plain

飛鳥可愛いよ飛鳥。
 
今回はちょっとマジで危機感です。僕、経済学部の端くれとして頑張りたいです。
 

経済学の記事を書こうと思った理由

  

僕の友人で経済学部の4回生の某氏(国公立大学)が、
他の友人から経済学についての質問を受けたときのことです。
 
それはそれはおそ松な回答しかできてない現実があったからです…
 
その時のTwitterコチラ(当然匿名ですw

f:id:kakiolite:20160424172737p:image



大学院を目指したこともあった僕からすれば、
「経済学部で初級レベルの経済学」がわかってないなんて
 
4年間何をしとったんやワレ!
 
以外の感情がありません。本当にありがとうございました。
是非VRの世界では幸せになってもらいたいものです。


これって結構な事態じゃない?
とはいえ僕も大学で周囲を見渡してみると
ミクロすらわかってない人がほとんどなのが現状です。
実は日本でトップレベルの国公立大学でもそんな感じらしい…
お前ら何しに大学行ってんねんと。
まあ地頭が良い彼らは必要に迫られたらやるんですけどね。
 
f:id:kakiolite:20160420154526j:image
 
 
てなことで、日本の未来を憂いでしまったカワイイボクがみなさんにレクチャーしてあげようってわけです。
みなさんは幸せ者ですねえ〜
f:id:kakiolite:20160420154756j:image
 
 
冗談はさておき、これから何回かに渡って、経済学部としての最低限知っておきたい内容を簡単に解説していこうと思います。
もちろん経済学部じゃない人にもわかりやすいように書くつもりなので安心してください、簡単です。
 
と言うか、ガチガチにやりたいならテキスト買って各自でやってくださいw
 
あくまでブログの記事、読み物としての範囲でやっていこうって話です。
 
特に地方公務員試験とか考えてる人なら、最低限これぐらいはわかっておいたほうがいいって感じで進めていきますね(ニッコリ
 
内容としては、
ミクロ経済学

ミクロ経済学

 

神戸大学大学院経済学研究所教授の芦谷政浩教授の『ミクロ経済学』に則って書いていきます。

これは僕が普段使っているミクロのテキストです。

学部レベルならこれで十分!お釣りが来るね!!

 

シラバス(笑)

ミクロ経済学マクロ経済学

②需要と供給

③効用と無差別曲線、予算制約、限界効用と限界代替率

④消費者行動ー最適消費量、効用最大化行動ー

⑤代替効果と所得効果

⑥企業行動ー利潤最大化行動ー

損益分岐点と操業停止点

⑧消費者余剰・生産者余剰

⑨独占

⑩寡占ークールノー、シュタッケルベルク均衡ー

 
全10回!
 

僕のモチベ続かないに1票!!!
 
まあ僕自身が整理するためでもあるから頑張ろうと思いまする。
マクロまでやるの絶対無理www

あ?ゲーム理論がないって??
僕の中ではゲーム理論ミクロ経済学の中にいれたくないんですよね。
あれは完全に応用ミクロでやるなり別立てで『行動経済学』としてやったほうがいいでしょ。

理論経済学に入れるのはなんだかなあって思ったので省きました(学部レベルならそもそもそこまで難しくないし)。
 
当然これ不定期だからね?月一更新ぐらいで勘弁してね?!
他の記事は普通に更新していくので…でないととてもつらいです、ハイ。
内容の正確性はもちろん、僕ももう一回ミクロ経済学をやり直すつもりで挑むのでw
 
また、記事を読んでわからないことがあったり、僕が間違ってたりしたら遠慮なくコメントしてください!
返信できる範囲できっちり対応します(コメントへの返信方法忘れたマン)
 
それでは次回『柿でもわかる!経済学教室①』をお楽しみに!
いきなり投げっぱなし感満載ワロタwワロタ…
 
 
そして夢にまで見た(見てない)、ブログの最後にプロフ記事です(感動