読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もはやゆとりではない

遅寝遅起き晩ごはん系大学生の日常

上達への3STEP



紆余曲折を経て、自動車教習所を卒業できました!後は試験を残すのみ…



ひっさしぶりの「全くやったことないことを習う」ということで、様々なことを学んだんですけども。


というか、どんなことからも学ぶことがあるってことに大学入ってから気づいたから救いがない(とてもつらい

これ、もっと早く気づいとけばよかった…

クソつまらない行事やクラスからも学ぶことはいっぱいあったんだなあ…(だからといって参加するとは言ってない)




いくらバイトで塾講師をしていても、教習所では僕は生徒。

生徒目線とは何ぞや!ということに焦点を当てて、教官たちを観察していました(運転に集中しろ)。

以下、箇条書き

・できたらできたとちゃんと言う(褒めまくるのとは違う)

・慣れは慢心に繋がるが、確信は自信を生む

・「根拠のない自信」とは、まさに慢心そのもの

・できてないことを注意するのではなく、どこがダメだったのかを指導する(注意なんてものは誰でもできる)

・教える側は常にクールに



これぐらいかな。

この中で特に大事だと思ったのは、


慣れは慢心に繋がるが、確信は自信を生む


コレですね。


運転は慣れてきたら作業になる(教官談)。
でも、慣れは慢心しか繋がらない。
「こんなん余裕余裕。加速ゥ〜wwww」
ってなると、事故に結びつくわけです。

ところが、
「僕は教官の注意も減ってきて、合流も上手くなったし〜」
という確信は、僕はできる!という自信につながる。
そして確信のある自信は安心(安定)を生む。


確信→自信→安心(安定)


この3STEPは(どこぞの悪魔のような問題集みたいになってしまった)、結構いろいろな物事に置き換えれると思う。




皆さんも是非おためしあれ〜